WORKS

KENZO BONE SETTER

 

三重県鈴鹿市稲生町に位置するKENZO接骨院様のブランディングプロジェクトです。

コンセプトは、「身体の健康からくる、心の健康へ。」

ロゴタイプとコーポレートカラーであるイエローの色面をレイアウトしアイデンティティを構成しています。意図としては、そこまで競合他店の多くない土地性を考えると、ブランド名を覚えてもらうのは、名前と色の印象が最も強いからです。もう一つは、紙媒体やweb等、ビジュアルデザインをこれから行っていく時に、このコーポレートカラーのみを徹底的に使用していき、シンボルマークより拡張性、汎用性の高い色面を味方にしておくことはブランディングにおいてとても効果的な戦略となっていきます。シンボルマークではなくイエローで表現することは、KENZO接骨院に通っていただくお客様の豊かな健康と、それに伴って広がっていく笑顔と幸せの象徴となっています。オリジナルフォントの制作コンセプトは「公共の接骨院」です。ここでいう公共的とは、国や市が運営しているような誰にでもユニバーサルな印象ということです。KENZO接骨院のブランドをより強化する目的で、KENZO FONTを開発いたしました。イエローと並んで二大巨頭となるアイデンティティです。通常のゴシック体と違うのは、幾何学形態も随所に用いながらやや縦長にしてある部分と、GやMなど無駄な線の構造をスマートにしてある部分などです。これらの文字が文章やタイトルなどに使用する際、公共的な印象をもたらします。