WORKS

RE-SQUARE BANUL

 

愛知県小牧市小木東に位置する、リサイクルインテリアショップBANUL様のブランディングプロジェクトです。
コンセプトは「BREATHE A NU LIFE:新しい命を吹き込む。」
既存のリサイクルショップと一線を画し、「物」を売るのではなく、使っていた人の想いも一緒に次の人へお届けする、「コト」を売るリサイクルショップを目指し、イベントやガレージセールなど「場」も新しい形で提案しています。シンボルマーク「BANUL SQUARE」のコンセプトは以下です。
1.変化の一瞬
まさに、BANULの新しい息吹による変化の一瞬を視覚化した図形。不用品が新しい姿を表した時の効果。
2.創造の場
一人では決してできない場。皆が集まることで完成する中心の場。BANULが新たな楽しめる場となる。
3.サイクルの輪
人から人へ、BANULの場から繋がるサイクル。不要品がBANULの循環の中で永遠に巡る未来へ。
4.針のない時計
タイムレス(終わりのない)価値。人の循環の中で生まれる価値。
5.世界の子どもたちへ
BANULの場で生まれた利益を世界の子供達へ。拡散を表す。
オリジナル制作書体はシンボルマーク「BANUL SQUARE」の点をグリッドとして通る文字群です。大きなポイントは、カジュアルさを含んでいながらも、品格、王道感を感じさせる造形であることです。カジュアルさとは、親しみやすさだったり賑やかな印象などです。文字を並べた時の大小のバランスが、それを演出します。品格、王道感とは、小さく収まってしまう企業ではなく、新たな価値を堂々と、公式の場で発表しているような印象を持たせることです。優雅な字間と繊細な線、幾何学的な構成によりそれらを演出します。