NOW LOADING

WORKS

TSURUKAMEDO

本格博多ラーメン 鶴亀堂

愛知県を中心に9店舗構える博多ラーメン鶴亀堂のリブランディングプロジェクトです。名古屋市緑区の店舗の看板をはじめ、少しずつグラフィックアイデンティティを調整していく大規模なプロジェクトでした。
安価でありながら、非常にクオリティの高い博多ラーメンはなかなか名古屋では食べることができません。それ故、多くのファンがいるのが鶴亀堂です。
材料にも工程にもこだわり抜いた超本格スープと、お値打ちな値段設定、アクセスの利便性を伝えるブランディングをさせていただきました。

博多ラーメン 鶴亀堂のロゴデザイン
博多ラーメン 鶴亀堂のロゴデザイン
ロゴデザイン変更前と後

ロゴデザインの由来

ロゴタイプの解説

めずらしい明朝体のインライン書体

明朝体は、伝統的、本物感を表現。
明朝体のインライン書体(細い線が通っている書体)は世の中にほとんどなく、鶴亀堂としてのアイデンティティとしていく。

ロゴマーク・シンボルマークの解説

アイコンを加えてアイデンティティを持たせる。

書体と、アイコンとして日本の伝統造形(六角)を用いてのブランディング。
汎用的なアイコンを用いる事で、認知、目立つ要素としてのアイデンティティを持たせる。

ポスターやのれんなどのグラフィックデザイン

ポスターデザイン
ポスターデザイン
ポスターデザイン
のれんデザイン